<< オーロラの彼方へ | main | 視線 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -のはなし | ▲Top
REIGN IN BLOOD/SLAYER
息子 15歳 高校受験真っ盛り
「ヘビメタさん」を観てハマったもの・・Motley CrueとSlayer(笑)
私はSlayerは苦手なので、「これイイ!」と言われた時は正直な話し、唖然としたのでした

何でだよぅ・・何でそっちに行くんだよぅ

そんな母の願いは虚しく、最近は「もっと早く・もっと重く・そしてもっと邪悪に(!)」なものを探しているらしい(涙)
彼曰く「Angel Of Deathみたいな歌!」だそうで・・・

で、Slayerをちょっと検索してみたら、ファンの面白いレビューが目に留まった

『学生時代、頭に来て何かをぶっ壊したくなった衝動を何度このアルバムが救ってくれたことか』

ああ、そうだったのか
きっとSlayerは、15歳の彼のカタルシス

自分を振り返ってみれば、確かにどんどん自分が尖っていく曲ってあるんだよね
でも優しく包まれるだけが「癒される」事では無いよね
容赦なく自分を叩く音に胸の奥の苛立ちを溶かしてもらうことって、自分にも経験があるし

それに、バラードじゃなくても感動する曲は沢山あるよね

いつか君がもっと大人になって、RainbowのStargazerで一緒に「くぅぅっ。。。」と泣いてくれる日が来たらいいなあ(笑)
comments(0) | trackbacks(1) | 再放送のはなし | ▲Top
スポンサーサイト
- | - | -のはなし | ▲Top
コメント
ご自由にどうぞ♪








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://michi41.jugem.jp/trackback/9
トラックバック
心の底の破壊衝動は誰でも持っている
16歳の少女は、いつの時代も変化が激しい。去年の秋まではポップ・アイドルに夢中だった私の娘、年末頃、ふとしたきっかけでロック・バンドの虜になりました。そのバンドはDir En Grey昨年に続きドイツのロック・フェスRockamRingに出演が決定したり、Barksでも↓のよ
| PARADISECITY | 2006/03/20 6:59 PM |