<< Cannibal Corpse/KILL | main | 夏の予定 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -のはなし | ▲Top
Let There Be Love
自分のために何か買いたかった


普段、あまり物欲というものは無い方なのだけれど

今日は、今は 
自分に何か買ってあげたい気分だった


とても音楽に依存して生きている私は、好きな歌には大抵何かの思い入れがあったりするし
思い出や聴いていたその頃の想いが、セットになってくっついていたりするし
支えになっていたり励まされたり、勇気をもらったり慰められたり 
時には叱られたりもする


つまりはひどく単純な女で
「音楽に人生を教えてもらおうなんて思ってない」と口では言いながら
実は歌ひとつで泣いたり頑張ったりするヤツです


そんな私は
こういう気分の時には、迷わずにCD屋さんに足を運んでしまうわけです(笑)


右手にOasis 左手にFoo Fighters

どちらの新しいアルバムを買おうか悩んだけれど、私を呼んだのはOasisのほう

Don't Believe The Truth─「真実を信じるな」


帰ってきてすぐ聴きました


あら 何となくアコースティックだわ
期待してたいつものOasisっぽく無いな
ちょっと期待外れだった気がする
フーファイにすればよかったかな・・・



一通り聴いていたら

「そこに愛がありますように」そう繰り返すこの美しい曲に、不覚にも泣きそうになった(笑)


Let There Be Love
─そこに愛がありますように─


時々、歌に呼ばれたと感じる出会いがあるけれど、同じくらいに私も歌を呼んでいる


「君の夢が虚ろな空を満たしてくれたらいいのに
だけど 君がそれで幸せなら
手を叩き続ければいい」

誰かにそう言って欲しかったのかもしれないし


「そこに愛がありますように」
私は今までずっと そう願ってきたのかもしれない


愛するものに 愛せるものに出会えた幸運に感謝しながら、また例のMDに追加する曲が増えました^^


Let There Be Love/OASIS

Who kicked a hole in the sky so the heavens would cry over me?
Who stole the soul from the sun in a world come undone at the seams?

Let there be love
Let there be love

I hope the weather is calm as you sail up your heavenly stream
Suspended clear in the sky are the words that we sing in our dreams

Let there be love
Let there be love
Let there be love
Let there be love

Come on Baby Blue
Shake up your tired eyes
The world is waiting for you
May all your dreaming fill the empty sky
But if it makes you happy
Keep on clapping
Just remember Ill be by your side
And if you dont let go its gonna pass you by

Who kicked a hole in the sky so the heavens would cry over me?
Who stole the soul from the sun in a world come undone at the seams?

Let there be love
Let there be love
Let there be love
comments(0) | trackbacks(1) | 再放送のはなし | ▲Top
スポンサーサイト
- | - | -のはなし | ▲Top
コメント
ご自由にどうぞ♪








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://michi41.jugem.jp/trackback/51
トラックバック
oasis-Let There Be Love
oasis(オアシス)の国内では20枚目のシングル。 表題曲の「Let There Be Love」は6thアルバム「Don't Believe The Truth」からの3枚目のシングル。 アルバム発売当初からファンの間では人気が高かった曲である。 そのメロディの美しさも去ることながら、Acqui
| THE GOOD LIFE | 2006/06/20 11:35 AM |